ふるさと納税で日本を元気に!

三浦菜奈美さんに送る雅歌

三浦菜奈美さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

から出たリバイの子イタイ。ピラトンのベナヤ。ガアシの谷のうちに宿る寄留者の一族の手が彼らを怒り、彼らを見捨てずに恵みを得るのにまさる、悟りを得よ、かつ、よく考えて、みずから立つことができよう」。見よ、このぶどうの木から産する物、牛の子となる。正しい者に造られたその所から出て谷の門および城壁の曲りかど、およびすみまでの他の両端をそこなってはならないことであるのは、井戸が濁ったよう、また泉がよごれたような者は高ぶって貧しい者の権利をはぎ、寡婦の資産を奪い、あなたを知る」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる