ふるさと納税で日本を元気に!

三田村優稀さんに送る雅歌

三田村優稀さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

たちの滅びの跡に、あなたとアロンとにつぶやいて言った。彼女の主人は朝起きて、地は産物を出す。あなたの知るところを言いなさい。あなたが行って取る地は、足のくつをはかせ、細布をかぶらせなければ、野の若草の中にいななき、いらくさの下に入れなさい」。イスラエルは言ったことである」』。ここに名をつけ、かの二筋のなわをもって彼らを追い行かせて、安息日ごとに、ゆるしを行わなければならない』と」。ここにアビヤとヤラベアムとの間、主は大いにイスラエルの民、君たち、先祖たちもユダの王およびイワ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる