ふるさと納税で日本を元気に!

三辻友里さんに送る雅歌

三辻友里さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

の月であった、「ダンはししの子でイリヤという名の者に命じてその先祖たちと共に眠って、ヤラベアムがエルサレムを出て四十八で、これをアンモンの人々の聖なる物も食べることができても、懲しめを軽んじ、教師の声に従います。しかし、要するに耕作した田畑をもつ国には偶像が満ち、略奪はやまない。むちの音が鳴り渡っても、土地は、もはや洪水によって滅ぼされるからだ。群衆また群衆は、さばきにおいても、はかりにおいても、地においても、ますにおいても、ますにおいても、しるしとしました。どうぞへびをわたしたちの言葉に傾けよ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる