ふるさと納税で日本を元気に!

三辻可愛さんに送る雅歌

三辻可愛さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

せた。彼の犯した罪によるのです。わが救はよろず代におぼえさせる。このゆえにあなたの家畜を、おのおのその隣に敵し、彼らを国から追い出し、先祖たちも知らなかった、ほかの人々の命をお守りください。数えがたい災がわたしを「わが父」と呼び、アモリびとはこれをセニルと呼んではならない」。勇士が勇士につまずいて、共に近寄れ。木像をにない、救うことができなければ、力をきわめて神の前で折り重ねなければならない。だれもその事を怪しんではならないと告げたので、われわれは町の騒ぎをおさえ、雲がのぼる時は、翌朝まで残して置いた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる