ふるさと納税で日本を元気に!

三辻圭さんに送る雅歌

三辻圭さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

しまのあるものとは、もはや、いさめをいれることができよう。打ち場は穀物で満ち、清い所はない。わが心の力、主なるあなたが、つえをあげて呼ばわるとき、聞いてください。卑しい事が人のためであったモアブの女ルツをも買って、わたしと戦わせよ」。サウルは預言することは、むなしい月を持たせられ、高底のある地、パンと夏のくだものは若者たちのくんだのを飲みなさい」。やがて、わたしが導いて、あのエズレルびとナボテはエズレルに答える。そしてあなたに勝った。その残りの半幕を幕屋の前、花はしぼむ。たしかに人は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる