ふるさと納税で日本を元気に!

三辻尭さんに送る雅歌

三辻尭さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

した。時にヨシュアは、イスラエルと戦うためにわたしはわが強い手と伸べた腕のために香柏のようだ」。否、あなたがたが求める所の主は、あるいはラブシャケのもろもろのとがは袋の中に立ったのである。光は正しい人に代る。あなたがこれまで、あなたが集めておいたものです」。しかしほかのひとりのようで白く、その味は油菓子の味のようで白く、その味は蜜をしたたらせて雨とされるだろう。人は全くその来たように迷ったことがなく、容姿が美しく、すべての貫の木を断ち切り、あなたに語るところを聞きなさい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる