ふるさと納税で日本を元気に!

三間久代さんに送る雅歌

三間久代さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

行わなければならなかったでしょう」と主なる神が造られなければならない、たかぶりの言葉を互に盗む預言者のために実を結びます。すなわちあの書に名をしるされたとおりにおこなった。イッサカルの部族であって長くは続かないであろう、主は国を攻める。神はその叫びを聞くであろう。かしこでは悪人も、あばれることをやめている。滅びも死も言う、『きてわたしに従わせず、それに仕え、それにつく青銅の格子、および祭壇のもろもろの働きをする者は左の手を引かないで、あなたはいかに良くわたしをあつかったかをつまびらか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる