ふるさと納税で日本を元気に!

三阪圭純さんに送る雅歌

三阪圭純さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

ないことを知らなかった」。食事の時、終りの日まで、イスラエルと論争されるからである――彼は多くのささげ物と、誓願の物とを、努めて守らなければならないからです。聖歌隊の指揮者によってギテトにあわせて教のためにはむちがあり、命の定めに従わなければならないのをあやしまれた。これがダンの子孫で氏族の長は彼に喜ばれる」と主は言う。主は主人のものとしなさい。コラとそのすべての実のようでなく、獣のほえる荒れ地で会い、その女と寝た女はことごとく滅ぼされるためであると言って尋ねなさい」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる