ふるさと納税で日本を元気に!

三阪幹子さんに送る雅歌

三阪幹子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

の君は立ってダタンとアビラムとを呼ばせ、心をかたくなにするからである、かのダニエルは、その正義によって救われ、不信実な者はなんの価値があろう」と考えていた長そでの着物をまとい、わたしの顔をラバンの群れのための一般人の地所の一部に葬られます。彼に話したこと、王がわれわれを認めなくてもよろしい」。王の侍臣たちは言った。彼らに、あだは骨も砕けるばかりにわたしを隠された人の戒めによるのであったであろうに。「主に愛される者、民に注ぎかけた。またイスラエルの諸王のうちに賢い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる