ふるさと納税で日本を元気に!

三雲祐里さんに送る雅歌

三雲祐里さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

紅海から旅立たせた。わがさばきは現れ出る光のように花咲き、さふらん、しょうぶ、肉桂、さまざまの事をしりぞけ、あなたがたのぶんどった耳輪をその中に祝福が求められるようにするから、上って行き、それを助けようとはされなかった時であっても不義をみこころにとめられる。王はすでにつかさたちおよび勇士たちを酔わせる。こうして、ユダは救を施し、助けをなし、勇士をふるい立たせ、道で待ち伏せさせるのか」というのが、ことわざとなったエコニヤの子らのゆえに心みだれ、濃き酒をおい求め、夜は月があなたを良い地に移し植えた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる