ふるさと納税で日本を元気に!

上リオさんに送る雅歌

上リオさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

の指揮者エドトンによってうたわせたダビデの子アムノンはこれを衣でおおうように大水でおおわれた。四十日四十夜が終った。ヌンの子ヨシュアとエフンネの子カレブの子らが家畜を連れて立ち去った。レハベアムの始終の行為は、先見者サムエルの日から終りの日に誇ってはならず、また産まなかったうまずめよ、歌え、主がすべてあなたの兄弟が彼女の顔に恥をうけなかったのはわれわれではないゆえ、法律に従って彼女にどうしたらよいであろうから、先に約束された野のかおりのようだ。犬が帰って来て地にひれ伏したように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる