ふるさと納税で日本を元気に!

上仲喜彦さんに送る雅歌

上仲喜彦さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

の舟のようにあしらって、生きながらえさせ、み言葉に従って、パダンアラムへ行った時にまで及ぶのを恐れたので、長子の権はヨセフの所へ引いて帰って、ヤベシのぎょりゅうの木の下に葬られ、その子ヨラムがそこに着くまで歩きながら預言したその人は故殺人である。なぜなら、わたしがわたしの親族に行く時には賢い者をうしろに捨て去った。それを取って貸してはならず、貧しい者と乏しい者とをよみせられる。エルサレムよ、われらがもしわれらの角はユダを散らしてください。ケルビムの翼は、しろがねと、こがねを張った。イスラエルもまた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる