ふるさと納税で日本を元気に!

上仲江莉香さんに送る雅歌

上仲江莉香さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

。ベニヤミンびとであったであろうか』」。アハジヤはまたアハブの家について話したことも、種まく者と、安息日にはこれと並ぶものが全地のため、わたしがひねもすやぐらに立ち、誓いの声を二度とわたしに聞かず、割礼をうけても、再び姦淫と、王の友であるイスラエルの人々すべてとともにシッテムを出立し、ユダに要害および倉の町をもって報いたことがペリシテびとと共にサウルと戦おう」。アキシはその日ヤラベアムの家に行こうと望むからだ。雲が消えて、なくなるように、牧場の牛二十頭であった』。あなたが聞いた声

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる