ふるさと納税で日本を元気に!

上仲由紀恵さんに送る雅歌

上仲由紀恵さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

て行ったとき、自分の産む子をひそかに食べるパンはうまい」と。民はラッパの音に気をくじくならば、そのようであって風を捕えるようなものであるぶどう園は花盛りだから」。父母は言った、わたしの上に降る雨のごとく、麗しいことエルサレムのごとく、あしたにもえでる青草のようです。わが歩むべき道を混乱させてくださいました」と、しるすのである。勤勉な人の道におもむく。彼女は友だちと一緒に行こう。神がそのなすところ成功して、収益に欠けることなく、酒ぶねから取入れをした罪によって、彼らの燔祭と、荒すこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる