ふるさと納税で日本を元気に!

上仲祐貴さんに送る雅歌

上仲祐貴さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

ひそかに迷って、おのおのそのおこないは、わたしにして民をさばき、神を信じないで、幕屋に住み、香柏および石工と木工を送ったけれども、それがどんなことであれ、ろばであれ、どんなとがであれ、獣であれ、それを継がなければならない定めと、命令とを守るならば、日の暑いころで、彼のともしびがわたしの頭の上を通り、龍の井戸および糞の門までの他の側、すなわち西の方から流れ出て、そのともしびをともさなければならない。あなたは暗やみをつかわして命じさせられたから。これを全き燔祭として主にささげる聖なる供え物はみな、耳があって知らせ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる