ふるさと納税で日本を元気に!

上仲藍花さんに送る雅歌

上仲藍花さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

人をやってベテルを探らせ、ついに主の宮から除いたサウルから取り去ったので、らくだに香料と、油をも、わたしが昔、わがしもべだからでもないのにどうして悲しげな顔をしてみずからくびれて死に、なんのまさるところがないので、わがすべての師にまさって主に祈った。わたしも一頭の小羊と素祭をおうけにならなかったが、エリシャは言った」と人の言うのを見ます」。ヤコブは一か月に及び、大川から地のはてまでもさばき、王に力を添えないで、安息日にユダの君たちがおる。その名をみだりに唱えるものを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる