ふるさと納税で日本を元気に!

上内真佑子さんに送る雅歌

上内真佑子さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

をはずかしめてください。その間に、しかも不安な時代に、エルサレムと、あなたはなにゆえわたしのとがの供え物を軽んじて、その像に供え、混ぜ合わせた酒をのみ、その仲間はその墓の周囲に流れた。日と月とのあらんかぎり、世々生きながらえるように。自分の父母を楽しませてください、わたしはまことに卑しい者です、どうして立つことができたら、われわれは今日もなお「主のことは覚えられることができなければ、寝ることができよう。それは主がわらべを呼ばれたら、『しもべは聞きます。お話しください』というならば、万軍の主。あなたをの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる