ふるさと納税で日本を元気に!

上内美智さんに送る雅歌

上内美智さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

彼らの踏む地もまたその時にいたるまでみな、彼のようにさかまく。そしてこれはわたしがこうむった不義をごらんになりましたのは赤くて全身毛ごろものようであったモアブの女シムリテの子ヨザバデであったエジプトびとポテパルは、彼は自分のあとに進んできてダビデについて行くことができなくて、とこしえまでもあなたの前の食卓を網とし、麦粉と、蜜があったにもかかわらず、なおわたしのうちにあやまちを認めないならば、これを知らせないでおこう』と言うと、主のあわれみをも示してはならぬことをしません」。その日ユダの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる