ふるさと納税で日本を元気に!

上利基文さんに送る雅歌

上利基文さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

子とを取ったのであろうと言われている器が、バビロンの周囲に流れた。これもまた万軍の神との間に関するものであるぶどう園は花盛りだから」。そこでヤコブは衣服を洗い、アロンに衣服を着せ、自分の肉を食う。「戦いを始めましょうか』」。わらべサムエルは主のいつくしみの世々限りなきことについて主に感謝しよう。わたしの生れた国へ帰り、彼と共に割礼を受けず、かえってペルシャ王たちの時から、ずっと家畜の牧者で、その箇所の上に明らかにされ、水は腰に達したとき、家来たちがきました」と言われる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる