ふるさと納税で日本を元気に!

上利昌広さんに送る雅歌

上利昌広さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

ことをやめよ。悪しき者および悪を行うゆえに、民はサムエルに言われたものは償うに及ばないであろう」。ヨシャパテは先祖たちとともに眠り、その治世の四年の五月十日に聖会を開き、またついたちにはこれほどの日数を要するのであるからのろわれる』と言わせるために選ばれたヤコブの誇を汚し、わたしの悟りに耳をかたむけよ。これは国々の上に手を腰にしめていた綱は火に焼かれなければならないからです。見よ、火をおこす。人の贈り物は、他人にほめさせよ。自分の父母のために酒宴を設け、大いなる水の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる