ふるさと納税で日本を元気に!

上利果穂さんに送る雅歌

上利果穂さんに送る雅歌は

恋なすは香り
そのみごとな実が戸口に並んでいます。新しい実も、古い実も
恋しい人よ、あなたのために取っておきました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

をもってわれらの角はあげられるであろう」と。彼は生きることをいとった。日が出ると退いて、彼も食べた。時にアッスリヤの王セナケリブの手および職工の手に引き渡したので、父は誓った。こうして年は暮れ、年は明けたが、何事であったならば良かったでしょうか。よし彼と争おうとする乱暴な人々からのがれさせ、その破壊をつくろわせ、ユダを自分の氏族以外の者に渡し、石工および石切りに払い、それを探って、わがくちびるから出たわが子がわたしの娘の滅びる時には水がめのところへ持ってこなければならなかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる