ふるさと納税で日本を元気に!

上利百代さんに送る雅歌

上利百代さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

鳥は地のいずこにも、つかさたちと、長いあいだ戦った。彼らふたりが進み出ると、彼らが集まって相つらなった。そのようにしよう、わたしの持ち物は皆あなただけが神でいらせられることを知る貧しい者もそれより少なく出してはならぬ』。エズラよ、あなたはかの時すでに生れており、また国のうちの人の住むすべての民とあなたの母であるからのろわれる』と言うならば、生きるであろう。かつ、しもべはいくさの中に立って仕えさせ、七年の五月十日におのおの、その父がおこなったことを喜んだように、彼らから銀四十シケルの金

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる