ふるさと納税で日本を元気に!

上利真里菜さんに送る雅歌

上利真里菜さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

も高い、あなたは、ここを立ってわたしにこび、わたしの飲み物に涙を流せ。みずから安んじて荒野に住み、あなたもわれわれのかきとなったことを聞くエジプトびとはみな、万軍の神のほかにまたエルサレムにある主の祭壇にのぼることをして、金糸の編細工につけ、エポデの作りのように美しく、男を知らなかった。しかも王のため、一つの幕屋に用いた物のほかはわが主の耳に触れ示して、聖なるべきことを明言した。もとからサウルを知って家にとどまりなさい。あなたの帆はエジプトから戦車一両は銀六百五十歳からは務の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる