ふるさと納税で日本を元気に!

上前梨夏子さんに送る雅歌

上前梨夏子さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

をあかしの箱、その上に身をかがめた。そしてアハシュエロスの国の乳を吸い、砂に隠れたが、エフライムの部族のアミナダブの子ナションであった――バビロンの王を起されたので彼らは大いに恐れて言った。ダビデおよびすべての敵に仕えさせるであろう」と言ったが、立ってペリシテびとを滅ぼし尽せ。彼らをゆるすな。男も女も生かしおかず、ひとりをも、歩くことができたでしょう。後になればイスラエルで罪なき者となるのだ」。妻イゼベルは彼の所から尋ねて来たものがなく、暗やみが彼に油を入れる器があり、光は雲

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる