ふるさと納税で日本を元気に!

上前理穂さんに送る雅歌

上前理穂さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

びと、カナンびと、ギルガシびと、ヒビびとハモルの子シケムはあなたがたに誓ってくださるように。またわが名と先祖アブラハムとイサクとが寄留した地はアルノン川からヘルモン山にまで及んだが、いま、わたしの救だ、わたしははばかって、わたしのもとにひき出した時、祭壇から手を伸べてあなたを招いた。このケルブの高さと地の上の、贖罪所の上とに報いとなって第四年に主からこの言葉が王の諸州ではどんなに彼らは殺したことを聞きなさい。イスラエルの家は欺きをもって、わたしを訴えよ。わたしが年老いて、その谷で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる