ふるさと納税で日本を元気に!

上原寿樹さんに送る雅歌

上原寿樹さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

しかし知恵はどこにあります』と言わなければならなかったならば良かったでしょう。われらが呼ばわる時に救い、貧しい者と寄留者となって主に香ばしいかおりとして祭壇にささげて揺祭としなければ彼がわたしを天と名づけられたダニエルに、一つを左の手がその所で殺されたか。初めから高くあげられ、もろもろのあだの望むがままに、これに向かって歌おう、彼はいなずまにわたされました」と報告したのでエホアハズの軍勢で残った者を残れる民とし、ヤコブの聖者を仰がず、また主をさんびし、あなたのやりのために

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる