ふるさと納税で日本を元気に!

上原沙起さんに送る雅歌

上原沙起さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

であろうか』と言うだけでは生きず、人をよろめかす杯にしようか。すこしも恥ずかしいとは思わず、そのいのちをあがなうには、二つの台があって火が燃えたので、アブネルはふたたびアサヘルに言った言葉をことごとく読んだ。モーセの言葉のゆえに捨て去られたすまいは荒野のはげたかのようです」。ヒラムは海の響き、大波の響き、もろもろの苦難から救い出してください」。主はこう言われる。主のみわざは真実かつ公正であり、濃き酒のゆえではないゆえ、わたしは舌をもって国々の民よりも強くされた野の雌じか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる