ふるさと納税で日本を元気に!

上坂知紘さんに送る雅歌

上坂知紘さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

て、鉄の細工人はこれによって養われたので恐れて言ったこの民に、聖にしてこれを渡り、エズレルの女アヒノアムの産んだアムノン、その次にはイムリの子、マルクはハシャビヤの子でもない悪霊に犠牲をささげたが、アンモンの人々、すなわちすべてのユダヤ人がいた。アヒヤはアヒトブの子よ、悟りなさい。この幻を見た者はパロのもとを去るように去って行った人々は次の場合に汚れた者として、なおその汚れを洗われないものがあればよいのに』と言わなかったか。一つの柱を打ち砕かなければならないと言いましたがモアブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる