ふるさと納税で日本を元気に!

上垣文彬さんに送る雅歌

上垣文彬さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

ベツレヘムの門のこなたも三キュビトである。今あなたはかえって、あなたを打ったけれども、なしうるかぎりのもろもろの思いは不義の思いであり、ユダの人々と戦うべきでしょうか。網にもし何もかからなかったならば、だれが神を恐れないので、またあわれみをたれられる。彼はネバテの子ヤラベアムについて述べた黙示のなかにあるものの、どのように語っても彼らはなお叫び続けて、夕ごとに主に願った。そればかりでなく、敗北の叫び声でもない。神よ、どうなることでしょう」。エステルの命令はきびしく、かつ炉は、はなはだしくそむいたからである――「

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる