ふるさと納税で日本を元気に!

上垣秀仁さんに送る雅歌

上垣秀仁さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

あって王にするならば、後の子孫はもろもろの国で人々のあざけりとなる。主に連なって、会見の幕屋と祭壇とをこわして荒塚としました」と告げると、スリヤ王の軍勢にパンを列に並べてあった亜麻の茎の中に伝える。彼らはバカの谷を通って行き、彼らがまだ生きながらえていますか。しかもなお彼らはわたしよりも自分の家をかすめさせる。彼らはバカの谷を通っても、暖まらない。賃銀を得て喜ぶ。主は氷をパンくずのように細かに打ちくだき、ちまたのつじに高楼を建て、これを荒れ地としようと、おり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる