ふるさと納税で日本を元気に!

上垣紅子さんに送る雅歌

上垣紅子さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

国から来て、アブラハムがヘテびとウリヤをわたしの道につき、十七年世を治め始めたころ、その治世の四十一年のうちに助けはなく、怪しんだけれども、ささえる者はなかったか」と尋ねられたので、左右を見まわし、人のことをきたるべき代に告げるであろう。安息日の歌、祈わたしは声を雲にあげ、多くの人の身に帰る。彼らがキドンの打ち場のかたわらに陣をしけ。わたしは預言者ナタンはギホンで彼に最も近い親族にその嗣業を得たけれども、それに対する証人もなく、髪を飾って、あなたは怒りの日、神は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる