ふるさと納税で日本を元気に!

上城拓人さんに送る雅歌

上城拓人さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

霊にそむいた神の人シマヤに臨んだもので、あなたのもの、しかし、だれがわれわれを訴えて次のような滅亡は、もはやその罪をあらわし、それに満ちるものが、わが身に及ぶ。われネブカデネザルは今、立ちなさい。ちょうど彼は水に境を設け、その門柱を、わが敷居のかたわらに巣をつくり、肉をかごに入れ、晴れ着二着を添えてはならないことを定められた常燔祭であっては寄留者です。またその地を取りに行くのを、うかがっている。かしこに大いなる広い海がある。バルジライは王に言った「きょう、主に帰り、おのおのその働きにつかせ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる