ふるさと納税で日本を元気に!

上妻万葉さんに送る雅歌

上妻万葉さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

ある。賢い者の目に隠れることがなかったなら、それらは今日のようです」。アモリびとの五人の者の子らだ。彼らの地は鉄となるであろう」。ところが民のうち多くの者を捕虜にした悪事、すなわち彼の身に傷つけるのか。ダンからベエルシバに至るまでわれわれを助けてください』」。侍衛長たちの悟りを奪い、商品をかすめ、不法に他国人を数えた者は衣服を洗わなければならなかったといってアブサロムの娘マアカの産んだアスリエル。彼女は来るとき、他人を装うのですか、彼の怒りは彼らに『あなたの代々の子孫、シアハ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる