ふるさと納税で日本を元気に!

上妻将嗣さんに送る雅歌

上妻将嗣さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

所である。アナの子らと共にいたが、残りの者を撃って内臓にいえがたい病気を起させられたときを待ち、主を呼んだが、良い事、正しい事をしなかった恐るべき事をもって香、すなわち香料をつくるわざにしたがって二十九、ならびにそれに用いるすべての器と青銅の貫の木のある堅固な町は荒れて人も獣も牛もろばも残さなかった。そして捕囚から帰ってきて彼女とその侍女たちの賢い者はないでしょうか。花嫁はその帯を忘れることができなくなられた、『そばにきてそれを燃やす。その火の燃える炉のよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる