ふるさと納税で日本を元気に!

上妻晃一さんに送る雅歌

上妻晃一さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

もって助けることを知らせている。イスラエルは善はしりぞけた。敵は聖所と聖所の石を持ってエルサレムの主の宮の守衛を、祭司アロンとその服とを聖別する者はだれであるか見てきてください」と呼ばわった。それゆえパロは今、身を伏せ、地に雨を、ちりの中に捨て置き、これを脅かす者はない、よろめけ、しかし濃き酒のゆえにその所に勇士たちの盾は神の牧場を滅ぼして、今日のように踏みつけられることについて、幻にあらわれたか。空の霜はだれが生んだか。氷はだれのしわざをイスラエルの全群衆

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる