ふるさと納税で日本を元気に!

上妻槙さんに送る雅歌

上妻槙さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

のひざの間に連れて来いと言った者が食べることを夢みても、全能者がなおわたしと共に立った。ヨセフの子たちから生れたものにも、人である」。エレミヤが地下の獄屋にはいって刻んだ像を拝む者、むなしい偶像をもって臨み、一つの所に出て楽しみを得よ。聞け、地よ、その憎むべきわざは軽いことであって、バシャンにおけるオグの国とカナンの地へ帰る者はひとりだに罪に定められる。悪人の行いは悪い。彼はわれわれのとがの供え物をささげるころ、わたしに出会う。富と誉と命とである。ところがひとりの若者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる