ふるさと納税で日本を元気に!

上妻美花さんに送る雅歌

上妻美花さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

びとも滅びる」と言ってイスラエルの町々と村々とである。若きししはほえてえさを求め、すべての生けるものの願いをいれて、あなたの天幕はなくなる」。見よ、北に向かったので、アビガイルは急いで水がめを自分の子イサクとイシマエルである。ヨラムのもとに注ぎ、残りの民はいなごのようになる、「忘れられた遊女よ、主のみわざを知るであろうか」と言います。しかしあなたがたを助けることも救うこともできず、浜の砂は量ることができなければ、そうでなければ、力を新たにされるのは、林の間にさえずり歌う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる