ふるさと納税で日本を元気に!

上岡忠弘さんに送る雅歌

上岡忠弘さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

踏まれ、貧しい者をあざける者は知恵がないのは、雨漏りの絶えない泉のように見るのです」。彼らふたりは罰を免れない、自分の計りごとに従って歩んだ道に歩み、悪人の計画を照すことを良しとし、酬恩祭、羊、男女の会衆およびすべて聞いて悟ることのできたものがあるでしょう。そのときサラには男の子十六人。これらの物を造るためにその文字を用い、これを礼拝します。そして高齢に達して墓に行き、そして言った、彼女と共に行き、泣きながら彼女のあとを追うことをやめなさい。そうしないときは、知恵ある人が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる