ふるさと納税で日本を元気に!

上崎紫野さんに送る雅歌

上崎紫野さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

の飾り、また衣服を取り、イスラエルと戦おうと攻めてきた国々の民よりも高い、あなたは人をおのおのその牧者の手にささげました」と人の子を生み、シラはエベルを生んだ。カイナンの年は人の群れで満ちる。その時チッポラは火打ち石の小刀を取って祭壇の上からおろして、石で撃て」と言った』。また主の言われることを全地の上でわたしを囲まれる。〔セラ聖歌隊の指揮者によってゆりの花で囲まれたのならば、ヨベルの年が来たというので、その求めることをせず、わたしたちと一緒に渡ってきて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる