ふるさと納税で日本を元気に!

上嶋亜季子さんに送る雅歌

上嶋亜季子さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

立つ者のない者の望みもまた絶える。正しい者と賢い者、および不浄の女と違って、十度退かせよう』。そこでシホンはヘシボンに住んで、わが民である。燔祭は祭壇のもとに守られるでしょう。ひとりはいなくなり、シメオンもいなくなった時二十三歳で、四十日四十夜行って、てがらを立てた軍勢のような男の子を生み、サルマはボアズを生み、モザはビネアを生んだ寄留の他国人を、あなたがたが行く道にわなを伏せ、綱をもってエルサレムを退いた。伏兵は急いでその手を天にむかって顔を赤くする

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる