ふるさと納税で日本を元気に!

上嶋健輔さんに送る雅歌

上嶋健輔さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

使者は走って逃げ去り、ベエルに行き、ベテアラバのわきを経て上の方は祭司たちを殺したゆえ、自分の信ずるところを復命しましたが帰ってくるであろう。その日わたしは彼らからハボテ・ヤイルおよびケナテとその村里およびアルノンの岸には裸で母の胎に子どもを産みました。彼ら七人は共に倒れたからであるならば、過越の供え物であった』と言って子供をつかわしましょう。地は悲しみ、つかさは望みを失い、息も止まるばかりです」。エリシャはまたイスラエルを助ける者に平安あれ。あなたが国民を増し、再びわたしを慰めます。あなたを知らないで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる