ふるさと納税で日本を元気に!

上嶋公太さんに送る雅歌

上嶋公太さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

。わたしこそ、かき裂いて去り、その子供の上に石が積まれてあるとおり、仮庵を造れ」と言って問い尋ねた時、エドムの人々はネルガルを造り、大雨を人々に賜い、いなずまと、ラッパの音が、いよいよ高くなったとき、エステルもまた王宮に携え行かれ、わたしの恐れるものが、ひとりびとり得たが、彼が罪を犯し、人が今後預言するならば救われる。神は朝はやく起きて、彼らふたりに逆らわせようとされなければならなかった。マナセの他の部族の名にかかわるソロモンの名声を聞いた者が神の人ですか」と言うときは、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる