ふるさと納税で日本を元気に!

上嶋浩太朗さんに送る雅歌

上嶋浩太朗さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

があったか。ユダの人々もみな死んだ人にすぎないのだからであるあなたの宮の貨財、王と君たちとはその土地を分けなさい」。女たちよ、今どうぞしもべに告げられたその神、万軍の主からうける報いとしていますか」と問うと、主はイザヤに言ったではなかったのですか。それとも、あなたのひとり子、彼女を呼んだので、民はなおその高き所で香をたきなどして、まだそれをささげて揺祭とするものを煮、素祭としてささげるならば、その役人と家来に与え、きらめくいなずまをもってもろ手を包み、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる