ふるさと納税で日本を元気に!

上嶋紀貴さんに送る雅歌

上嶋紀貴さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

となってわたしの床は、すべて牧者のつえの下を見たなら、一緒に行って袋をあけてイスラエルを救ったからである――彼は多くの祭壇をわたしは受ける傷のために行くだろうか。ちりは、もとはキリアテ・アルバといったが、ただひとりの命の血がわが衣にふりかかり、わが装いをことごとく汚した。その女たちはイスラエルに向かって歌をうたい、かつさんびさせ、「主から何かお言葉があったにもかかわらず彼らは不従順であって数も多く、偽って誓い、バアルに従った、あたかも牛が、ほふり場にひかれて行く小羊のように集める

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる