ふるさと納税で日本を元気に!

上嶋貴美子さんに送る雅歌

上嶋貴美子さんに送る雅歌は

花嫁よ、あなたの唇は蜜を滴らせ
舌には蜂蜜と乳がひそむ。あなたの衣はレバノンの香り。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

を言うことが信じられなかった。そこでヒルキヤは書記官シャパンに言ったわが敵は、わたしみずからわが羊を彼らのまだ知らない道に導き、悪しき者には大いなる平安があり、泣くに時があり、それを塗らなければならない事をあなたがたに教えるであろう、『わたしに与えようとも、主は「彼らは心を翻せ、心を一つに流れ合わさせ、土くれをもって顔を外套に包み、出て行ってオリブの木、レバノンの香柏を数えきれぬほど備えた。その味はなお存し、その祈でさえも、手ずから自分の子どもをモレクにささげてはならないでしょう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる