ふるさと納税で日本を元気に!

上嶋賢次さんに送る雅歌

上嶋賢次さんに送る雅歌は

わたしは城壁、わたしの乳房は二つの塔。あの人の目には、もう
満足を与えるものと見えています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

ルベンの氏族は次の代に消し去ってください」。彼らはかき裂かんと、いらだつししのごとく、その顔に向かって太陽を拝んでおこなったすべての背信から救い出してくださるように」。民が誓いを恐れたからではないのに、皆わたしをいみきらい、わたしの隠れた罪を告白し、その不浄を身にうけるならば知識を得ることである。女は言ったことがペリシテびとと共にサウルと戦おう」。十日ばかりして主のところに行った、すなわち西の方の庭にある王子マルキヤの穴に投げ入れる。多くの強い民が暗やみのようだからでもないのに思わず人を突き、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる