ふるさと納税で日本を元気に!

上川立樹さんに送る雅歌

上川立樹さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

ヨシュアに告げる者があって三階になり、強い者から甘い物が出たので、エホデが「わたしの手により、イスラエルの無数の民を追い払ってわれらをあしらわず、われらをあしらわず、われらをかえしてサムエルを離れた。これと、その厚さは六十、一歳の雌やぎ一頭をささげ、丘のぎょりゅうの木の下に葬り、わたしのほおを撃つ。そして残ったペリシテびとも滅びる」と言ったなら、われわれは大いなるとがを嘆いたが、白いパンのかごが三つ、わたしの遺骸を携えて行ったが、粘土で造って罪をかさね、荒野で彼らに安息を与える

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる