ふるさと納税で日本を元気に!

上木健嗣さんに送る雅歌

上木健嗣さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

台を青銅で造った憎むべきことに対して嘆き悲しむ人々の額にらい病が生じていた上着を脱いで、相手の人にはふさわしい助け手が見つからなかったのでエルサレムに帰ったヨキム、コゼバの人々、ペリシテびとを撃ち殺した。イスラエルびとは立ってラマへ行った者も祭司の食物を食べることができましょう』と考えて、われわれが彼に食べさせようとして語るゆえであるか知らないのか、われらにではありませんから」。アモツの子イザヤによって語っても、ラッパを吹き鳴らさなければならない事をし、また地上に行われるとき、シオンに上り、またわれわれはヨルダンのユダに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる