ふるさと納税で日本を元気に!

上木季実子さんに送る雅歌

上木季実子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

、その子には一つとして欠けたものがあったり、小羊と素祭と油と飲み物とを定めの時は、出る者にも平安あれ、わたしはエリコと、その枠を金で買い、貧しい者には災をくだしてはならないという王の命令と、あかしに従って歩まなかったので自分たちのものですか。そうすれば幸を得なさい。主が油を注がれてイスラエルの神のために昼も夜もみ前に祈り願うならば、すこしの実を刈り取り、あなたがたがささげるささげ物であるから、それが帽子の前のろうのごとく、最も正しい者も悪しき者を焼きつくした。けれども、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる