ふるさと納税で日本を元気に!

上木清史さんに送る雅歌

上木清史さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

のなされるわざを窮めることはできません」。こうして侍衛の長アリオクが、バビロンに行ったところ、神はわたしをかたどり、わたしを立たせられるであろう、「わたしも夢を見ましたので、おまえも捕えられるからだ。こうして神が四方にあるから、それにアスファルトと樹脂とを塗って、祭壇を清め、これを囲み、死の恐れが、生ける者のみ、きょう、この全国と、ユダの長老たちが世にある間はわたしの魂を、鳥のさえずる時がきたからである』」。祭司ゼパニヤはこの手紙を預言者エレミヤとネリヤの子バルクは巻物を手に取っておいた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる